安い研ぎ石で包丁が新品の切れ味に蘇った

以前は簡易的な研ぎ器(シャープナーというらしい)を使ってたけど、全然効果が持続しないということに気づき、ネットの口コミなどから本格的な研ぎ石にチャレンジすることに。

といってもAmazonで2,000円くらいで売られている安物なんだけど、これがなかなか良いものだった。自分のような研ぎ素人でも包丁1本10分くらいで新品同然の切れ味が復活したから驚き。ちなみに研ぎ方を知らなかったのでYouTubeにて「包丁 研ぎ方」で適当に検索した。

作業中の光景。研ぎ石は表面の粗さが1000番と4000番でセットになっているタイプを購入した。荒い1000番(茶色)で削ったあとに、細かい4000番(白色)で仕上げる。なお、見てわかるとおり必然的に汚れるので事前に作業場所を選んだほうが良い。

仕上がった包丁たち。といっても、写真でも肉眼でも見た目の変化が分かりづらい。というかそれ以上に水垢などの汚れが気になる。あとでちゃんと洗おう…。

ただ、切れ味としては申し分なく、研ぐ前はトマトの果肉が潰れてしまっていたのが、研いだ後はスパッと綺麗に切れるようになる。鶏もも肉とかも軽い力で一発で切れる。しかも、使用頻度にもよるから一概にはいえないけど、効果としても1ヶ月くらい持続する。簡易研ぎ器だと1週間も持たなかったから雲泥の差。すごい。

難点としては作業時に汚れることと腕が筋肉痛になることくらいか。いや、後者は自分自身の問題なので筋トレするなりして対処しよう。

コメント