【GPD P2 MAX】購入してから設定したあれこれ(ハブ記事)

「GPD P2 MAX」を購入後に行った設定やインストールしたソフトウェアについて、備忘のためにまとめておく。

Windowsの設定

システム

  • ディスプレイ>拡大縮小とレイアウト:175%
  • クリップボード>クリップボードの履歴:オン
  • バージョン情報>このPCの名前を変更:任意の名前

デバイス

タッチパッドを高精度化(詳細は以下の記事)

【GPD P2 MAX】高精度タッチパッド化してジェスチャー設定を変更する
GPD P2 MAXのハック欲が止まらないので連日連投。 GPD P2 MAXはデフォルトだと高精度タッチパッドではない。そのため、3本指のジェスチャー操作は標準設定を使用せざるを得ないのだけど、これを変更できるドライバが公開されてた...

個人用設定

  • 色>色を選択する:黒
  • スタート>スタートメニューにアプリの一覧を表示する:オン(これ以外は全てオフ)

アプリ

  • 規定のアプリ:適宜見直し
  • スタートアップ:Adobe関連をオフ

時刻と言語

  • 言語>日本語オプション>ハードウェアキーボードレイアウト:英語キーボード
  • 言語>日本語オプション>キーボード:Microsoft IMEを削除しGoogle IMEのみに変更

Cortana

  • 全てオフ

プライバシー

  • 音声認識>オンライン音声認識:オフ
  • アクティビティの履歴>全ての項目:オフ

更新とセキュリティ

  • Windows Update>更新プログラムのチェック:実行

コントロールパネル

ユーザーアカウント

  • ユーザーアカウント制御設定の変更>通知しない

電源オプション

事前に、以下の記事を参考に休止状態の項目を追加する。

GPD Pocketに休止状態を追加する方法
ぼちぼちと弄り倒しているGPD Pocketですが、スリープ中もそれなりにバッテリを消費しているようで、一晩で…
  • プラン設定の変更>詳細な電源設定の変更>スリープ>次の時間が経過後休止状態にする:1分以上を設定
  • 電源ボタンの動作を選択する>高速スタートアップを有効にする:オフ
  • 電源ボタンの動作を選択する>休止状態:オン

なお、高速スタートアップについては以下の記事を参照。

Windows 10 高速スタートアップを無効にする方法
Windows 10 から実装された「高速スタートアップ」機能。名前から想像すると、とても有用な機能のように感じます。しかし、高速スタートアップが問題になる不具合が多数報告されているのが現状です。今回は「Widnows 10 高速スタートアップを無効にする方法」を紹介します。

その他設定

  • タスクバーを右クリック>検索>検索アイコンを表示
  • エクスプローラー>表示位>ファイル名拡張子と隠しファイルをオン
  • ファームウェアのアップデート

ファームウェアのアップデート方法は以下の記事参照。

【GPD P2 MAX】ファン音を抑えるためにファームウェアをバージョンアップしてみた
GPD P2 MAXはとにかくファンがよく回る。そしてうるさい。それだけ本体が熱くなっているんだろうけど、先日ファンの回転を抑えるファームウェアが公開されたので適用してみた。 ファームウェアのダウンロードと適用 ファームウェアは以下のG...

標準アプリのアンインストール

以下の記事を参考に、PowerShellでWindows標準アプリを一括アンインストールする。

Windows10の標準アプリをまとめてアンインストール(削除)する方法
通常はアンインストール(削除)できないWindows10の標準アプリをまとめて消す方法を紹介します。 【右クリック→「アンインストール」】で削除出来ない標準アプリも、PowerShellを使えばまとめて削除できます。

インストールしたソフトウェア

順不同。

AutoHotkeyの使い方については以下の記事を参照。

【GPD P2 MAX】長音符(ハイフン)含むキーボード打ちづらい問題をAutoHotkeyで解決する
GPD P2 MAXの最も厄介な問題はキーボードの使い辛さだと思う。特に長音符(ハイフン)を1キーで入力できないのは致命的で、これを解決しないことには常用は難しい。 というわけで、今回は私がこの問題にどう対処しているか紹介する。 記...
タイトルとURLをコピーしました