金沢21世紀美術館は休館日でも十分楽しめる

Art

金沢21世紀美術館は毎週月曜日が休館日(月曜祝日のときは翌日振替)。でも実は休館日でも入館できるし普通に楽しめるよ、という話。

休館日なのに開いてる?

金沢旅行の最終日。ノープランだったので美術館でも行こうかな、と思って調べたら休館日。でも、とりあえず予定ないし周辺散歩でもするか、と思って行ってみたらなんと開いてる!

休館日なのに人がいる…

どうやら、展示会は休みだけど館内は開放してるらしい。そもそも展示会よりも無料でみれる館内設備や恒久展示作品に興味があったのでもちろん入館。その中から気になったものをいくつか紹介しようと思う。

椅子がお洒落

アイキャッチ画像の長椅子もそうだけど、しれっとお洒落な椅子が置いてある。下の写真は、うさぎの耳のような一人掛け椅子。たくさん並べられてかわいらしい。

一生ぼーっとしていられそう。

不思議なエレベーター

1階と地下を行き来するエレベーター。これがまた見ていて楽しい。

天井からのワイヤーも側面の壁もなくて、ぱっと見では宙に浮いているようにみえる。油圧式といって、下から持ち上げる珍しいタイプらしい。かっこいい。

別角度から見ると原理が分かりやすい。この日も物珍しさから順番待ちしてそうな人が多かった。

ミュージアムショップ

もちろんミュージアムショップも開いてる。ミュージアムショップって普通の雑貨屋にはないアート関連のアイテムが多くて全然飽きないし楽しい。美術館の中で好きな場所の1つ。

恒久展示作品

底から見上げられる有名なプールは残念ながら展示会のチケットがないと入れなかった。別のブログでは上から見るだけならチケット不要と書いてあったけど、方針が変わったのかな。

これはブルー・プラネット・スカイという作品。これといった案内もなく、ふらふら歩いていたら急にあって驚いた。天気も良くて天井から覗く青空が印象的。

この日は平日ということもあって人も全然いなかった。特に展示会に興味がない人でも十分楽しめるし満足できると思う。おすすめです。

コメント