Amazonのアフィリエイトを閉鎖されてから復活するまでの道のり

このサイトではAmazonアソシエイトを使った商品紹介をしているけど、実は過去にアカウントを閉鎖されて利用できなかった期間がある。

今回は、Amazonアソシエイトを閉鎖された理由や、実際どのようにして復活できたのかを時系列で整理しようと思う。同じような境遇の人が読んで、少しでも参考になれば嬉しい。

2006年:Amazonアソシエイトに登録

Amazonアソシエイトに初めて申請したのはだいぶ昔のことで、今から約13年前になる。しかも、最初に登録したのは別のサイト(今は閉鎖済)。「無料で使えるなら登録しておこう」くらいの動機だった気がする。

その頃はAmazonの審査基準も緩くて、申請したサイトは作成したばかりでアクセスも少なかったけど、すぐに承認された記憶がある。Amazon側もとにかくユーザを増やしたい時期だったのかもしれない。

2006~2019年:放置期間

勢いと興味で登録したものの特に紹介したい商品もなく、サイトも今ほど熱心に更新してなかったので、登録から13年間ひたすら放置となる。

ただ、たまに規約変更などのタイミングでAmazonからメールが届くので、アカウントの存在は忘れなかった。

また、他のブログで「Amazonアソシエイトから承認を得るには」みたいなハウツーを見つけては「今は厳しそうで大変だなー」と他人事のように思ったりしてた。

2019年3月:サイト運営&アフィリエイト再開

2019年3月、いろいろ思うところあって、長年放置していたサイトの運営を再開した。それと同時に、本格的なアフィリエイトの利用も開始した。

実際に3月はこんな記事を書いている。

2018年面白かった漫画まとめ
今更ながら2018年に読んで面白かった漫画まとめ。英数字、ひらがな、漢字順。BEASTARS動物が人間のように暮らすファンタジーな世界が舞台。漫画版ズートピア。ただストーリーは、肉食動物と草食動物との対立や葛藤が真面目に描かれていたり、人種...
個人的におすすめしたいマイナー映画3選
タイトルのとおり…なんだけど、おすすめ映画記事ってたくさんあるから、少し差別化を図るためにマイナーな作品に絞って紹介する。ただそうすると「マイナーの定義」が曖昧だったり、紹介するからには客観的な面白さも重要だと思うので日本での興行収入が約1...

ほぼゼロからのスタートだったのでクリック数も売上も微々たるものだったけど、商品の画像やリンクがあると記事がまとまる気がして、お金のためというよりは「記事らしさを出すため」に使っていた。

2019年4月:Amazonからアカウント閉鎖通告と閉鎖

先月に続きサイト更新を頑張っていこうとしていた矢先、Amazonからこんなメールが届く。

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

本日より7日以内に、Amazonは下記の運営規約に基づき、お客様のアソシエイト・プログラムアカウントを閉鎖させていただきます。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約 https://affiliate.amazon.co.jp/help/operating/agreement

なぜ、私のアソシエイト・プログラムアカウントは閉鎖されるのですか?
お客様のアソシエイト・プログラムアカウントは365日以上売り上げがないためです。なお、今回閉鎖されるのはアソシエイト・プログラム専用のアカウントであり、その他のアカウント(例:注文アカウント、出品アカウント)については、これまで通りご利用いただけます。

私は何を行えばいいですか?
お客様のサイトより、Amazonの商標、特別リンクを含むすべてのAmazonコンテンツを削除し、使用を中止してください。なお、お客様のアソシエイト・プログラムアカウントに未払紹介料がある場合は、指定いただいている支払方法で、毎月末の支払い時期に支払いが行われます。

お客様はいつでも下記のURLより新規のお申し込みを行うことができます。 https://affiliate.amazon.co.jp/

アソシエイト・プログラムへのご参加をいただき、ありがとうございました。

最初、混乱して何が起きたのか分からず、何度か読み直してようやく「7日後に閉鎖される」という事態だけ理解できた。

どうしても不可解なのがその理由。「365日以上売り上げがない」と書いてあるけど、実際にはサイト運営を再開した3月に売上があった(微々たるものだけど)ので、Amazon側の不備を疑った。

ただ、よく考えると3月より前の約13年間売上ゼロだったのは確実で、その期間を指摘しているならば言い訳できない。おそらくだけど、ずっと放置されてたアカウントで急に売上が発生した場合、自動で閉鎖するようにプログラムされてたのではないかと思う。

Amazonに抗議することも一瞬考えたけど、これまでの経験から何となく徒労に終わる気がしてやめた。正直とても残念だけど、ひとまず閉鎖を受け入れることにした。

2019年4~6月:再申請→却下の繰り返し

先程のメールを受信してから7日後、約13年続いた(といってもほとんど放置してたけど)私のAmazonアソシエイトはあっけなく閉鎖された。

ただ、メールにはこうも書かれていた。

お客様はいつでも下記のURLより新規のお申し込みを行うことができます。 https://affiliate.amazon.co.jp/

そう、再申請は自由にできる。一度閉鎖されたからといってAmazonアソシエイトを永久に使えないわけではなく、申請して承認されればまた使えるということだ。

そうと分かればやることは1つ、承認されるまで申請し続ければいい。

…と思って実際にひたすら申請したけど、ひたすら却下された。その数、計6回。

  1. 申請:4月27日→却下:4月28日
  2. 申請:5月19日→却下:5月19日
  3. 申請:5月20日→却下:5月21日
  4. 申請:5月22日→却下:5月23日
  5. 申請:5月25日→却下:5月25日
  6. 申請:6月4日→却下:6月5日

上記が申請した日と却下された日。5月のヤケクソ具合よ…。

もちろん、同じ内容で申請し続けたわけではなく、他サイトで紹介されている先人たちの情報を頼りに、申請の度に自分なりに変化や工夫をしたつもりだった。例えば…

  • 申請時のサイト説明を丁寧に書く
  • 申請時のメールアドレスを変更する
  • サイトの記事を増やす
  • 利用規約ページをつくる
  • プロフィールページを充実させる

などなど。ただ、結果的に全てダメだった。そして、Amazonから承認を得るより先に心が折れてしまった。

2019年6月:もしもアフィリエイト登録

心が折れた私は、代替となるアフィリエイトを探し始めた。その中で、もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」が使いやすく、理想に近いことがわかった。

  • Amazonの商品画像を掲載できる
  • Amazonだけでなく、楽天、Yahoo!ショッピングのリンクを作成できる
  • アフィリエイトコードのコピペだけで済む

さらに、Amazon、楽天などの各種アフィリエイトの売上を「もしも」で1つにまとめられる点も魅力だった。

早速、もしもアフィリエイト経由でAmazonなどにアフィリエイト申請し、すんなり承認された。これで、とりあえず代替手段は確立できた。

2019年9月:Amazonアソシエイト再申請

引き続きもしもアフィリエイトを利用していたけど、数ヶ月使っているうちにデメリットも感じ始めていた。

  • AMPページでは表示できない(スクリプト使用のため)
  • アフィリエイトコードのコピペ作業がどうしても面倒

やはり、WordPressではCocoonとPA-API(Amazonアソシエイトが提供する商品情報を取得するAPI)の組み合わせが最も使いやすい。そこで、サイトの記事数がちょうど100本に達したタイミングで、ダメ元で再度Amazonアソシエイトに申請をした。

翌日、Amazonからきたメール。

Amazonアソシエイト・プログラムにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。 当プログラムへの参加のお申し込みを正式に確認させていただきましたので、お知らせいたします。 今すぐAmazon.co.jpへのリンク作成を開始いただけます。

結果、まさかの承認。どうせ今回も落ちると思っていたので素で驚いた。

2019年10月:PA-API使用許可

というわけで、約半年ぶりにAmazonアソシエイトに復帰できた。ただし、すぐにPA-APIを使うことはできない。PA-APIを使うには、Amazonアソシエイトで一定の売上が必要となる。

そこで、このサイトでアクセス数の多い商品紹介の記事に、Amazonアソシエイトで直接生成したアフィリエイトリンクを掲載し、売上が発生してからPA-API経由のリンクに切り替えることにした。

直接生成したリンクとは、こんなやつのこと。

Amazonアソシエイト復帰から約2週間が経過した10月中旬、売上がある程度積み上がり、無事にPA-APIを使えるようになった。

ちなみに、PA-APIとCocoonの機能を使えば、たった1行で以下のようなリンクを掲載できる。超便利。

なぜAmazonアソシエイトに復帰できたのか

ここで1つ疑問が残る。あれだけ何度も却下された審査になぜ承認されたのか。

ぱっと思い付く、却下されたときと承認されたときの違いはこんな感じ。

  • 記事数が増えた(約50→100本)
  • アクセス数が増えた(約500→2000PV/月)
  • 閉鎖されてから時間が経った

個人的にはどれも大きな変化だけど、正直、Amazon側からすると上2つは大したことではない気がする。それよりも「アカウント閉鎖後、一定期間は承認しない」といった理由のほうが可能性ありそう

もちろん、Amazonアソシエイトからのメールに却下理由は書いてないので、実際のところは不明。また、今後も審査基準が変わる可能性は十分あるため、詮索しすぎるのはナンセンスかもしれない。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のとおり。

  • Amazonアソシエイトを閉鎖されても諦めなければ復活できる(実例がここに)
  • ただし、閉鎖してから一定期間は承認されないかもしれない

この記事を書く前に色々検索したけど「閉鎖後に復活した!」というサイトは見つからなかった。そもそも閉鎖されること自体レアだからだと思うけど、同様の理由で困っている人の少しでも手助けになればと思う。

タイトルとURLをコピーしました