祖母の誕生日

祖母の入院する病院に、お見舞いに行った。祖母は初期の腎臓癌を患って、一週間前から入院していた。手術は既に終えていて、経過は順調のようだった。今日、抜糸も終えたらしい。

最近の手術は全然切開しなのだと、祖母は少し興奮気味に話した。腹部の白い包帯が痛々しかったが、特に痛みがあるわけでもないようでとても元気そうだった。むしろ病院にいるのが退屈で、早く家に帰りたいと何度も口にしていた。清潔で何でも揃っている病院より、家のこたつで横になりながらワイドショーを観ているほうが居心地が良い、そのほうが病気も治る、と。

一時間以上話したけど、大半は私の結婚のことだった。今の生活は順調か、次はどんなイベントがあるのか、結婚式は挙げるのか、相手のご家族はどんな人か、など。どんな話題でもそうだが、祖母は決して否定するような言葉を使わない。私も相手も結婚式を挙げたがる性格ではなく、周囲の期待に反して消極的であることを話しても、「本人たちの好きなようにするのが一番」と背中を押してくれる。自分が病気で入院しているような状況でも、穏やかな顔で「結婚できてほんと良かった」と何度も言ってくれた。

次に同じような病気がになっても、もう治療はしたくないと祖母は言った。これ以上生き続けるのは、しんどいと。とはいえ、傍から見たら、頭の回転は早いし、まだまだ足腰もしっかりしている。入院だって今回が人生初めてだと言っていたし、風邪を引いている姿すらみたことがないくらい、身体も丈夫そうだ。でも、もういつ死んでもいいという。私は、祖母が周囲を悲しませないために生きているような気がして、こんなに元気なんだから100歳までいけるでしょと声をかけつつ、内心は、祖母の好きなように生きてほしいと思った。

今日は、偶然にも祖母の83回目の誕生日だった。

Filed under: 未分類

加湿空気清浄機

持病のアトピーが突然ひどくなり、かかりつけの皮膚科に数年ぶりに二週続けて行くなどしていた。先生は乾燥が原因と言っていたけど、徐々にというより急に来たので、正直あんまり腑に落ちないでいる。良くないものを食べたからとか、花粉が飛散し始めたからとか、そういう理由のほうが納得できる気がするけど、そうではないらしい。とにかく、乾燥が原因なら、なるべく乾燥しないよう、湿度を保った環境に身を置くよう、気をつけなければならない。

そんなこんなで、この週末は加湿空気清浄機をいろいろ検索したりしていた。実は、今までも何度かこの家電に手を出そうとしたことはあったのだけど、その度に頓挫していた。理由は、何だかんだであまり必要性を感じなかったのと、デザイン性に魅力を感じる製品がなかったから。特に後者のは探すたびに思うことで、「他の家電はデザイン重視のものも増えてるのに、なんで空気清浄機って野暮ったいのばかりなのかなー」と残念な気持ちになってた。自分の中でデザインは性能と同じくらい重要なもの。製品そのものだけでなく、家に置いたときの他の家具との調和なんかも考えるようにしている。

その点、バルミューダと無印良品で売ってる空気清浄機は良いものだと思ったけど、加湿機能がついてない点にあと一歩が踏み出せずにいた。あと両方ともフィルタ寿命が短くフィルタ自体も高価で、本体も高いのにランニングコストもバカにならなさそうで、デザイン、性能の次に考える「価格」という点で最低ランクだった。ていうか無印良品のやつはバルミューダと共同開発って話だし、似たコンセプトになるのは仕方ないことかもだけど。

というわけで、今回も探しながら「どうせ良いものないだろうな」と半分諦めていたのだが、なんと見つけてしまった。値は少し張るけど、デザインも性能も機能も優れている理想的なやつ。ワーオ。何だか今まで冷めてたぶん一気に物欲が増してきて、今にも購入ボタンを押してしまいそうなのですが、今買っても数日悩んで買ってもどうせ開封は次の週末になりそうなので、いったん冷静になってから決断したいと思う。製品名等は次回の更新で。

Filed under: 未分類

情報発信

前の更新からだいぶ日が空いてしまった。

何回か更新を考えた出来事があったように思う。でも、記録しておこうかな、と思っても一度でも更新をサボると、次また同じようなことが起きたときに、前回記録してないことを言い訳にまたサボってしまう。よくない循環。

本来、この場所に意味や価値などない。でも続けていくと、もっと良い文章を残したいとか、せっかくだからカッコ良く思われたいとか、意味のあるものにしたいという欲が出てきて、意味のない文章を書く邪魔をする。この文章を書くのだって、一日でさっと作ったわけではなく、何日か日をまたいでいる。

もともと、ええかっこしいなんだと思う。小さい頃は特に、人から良く思われたい一心で、物事に取り組んでいたように思う。小中学生の頃の、勉強や班長や習い事に勤しんでいたモチベーションがまさにそれ。それが良くないことと安易に断ずるつもりはないけど、大人になった今でもその片鱗があるかと思うと、我ながら少しげんなりする。

何も気にせず、何にも縛られず、自由に、思うままに。

そんな感じで、もっと気楽に構えて、これから更新頻度を少しずつ増やしていければいいなと思っている。

Filed under: 未分類