自己紹介(2019年時点)

アフィリエイトの審査でプロフィールの有無を見られるらしい。真偽は分からないけど、いつか自分の経歴を振り返りたいとは思っていたので、ここにまとめることにする。なお、岡田育さんの自己紹介に感化されたので、最近のことから過去に遡る逆再生方式で書く。

また、近況が変わったら適当に加筆・修正していくことにする。


2010年、今の会社に新卒で入社。初めは業務AP(COBOL)の維持管理をしている担当に配属して、仕様変更やデータ修正、バグ対応を経験した。ただ業務知識を習得することがどうも苦手で、あまり楽しさや仕事の勘所も掴めずに2年が過ぎたある日、いわゆるシステム基盤(サーバ、ネットワーク)の構築プロジェクトに異動を告げられた。そこから、OSはWindowsとUNIX、ミドルウェアではJP1やOracleなどを組み合わせたオンプレシステムの構築と運用に従事している。

もともと、技術を追い求める職に就きたいとは思っていた。入社のきっかけも、大学時代にウェブサイトを制作していたことが影響している。といってもアルバイトといった仕事ではなく、大学で所属していた新聞会(学生新聞を発行する団体)でホームページの管理人をしていたレベルの話。でも、それまで使っていたCMSを変えてアレンジしまくったり、勝手に授業の評価・クチコミ機能を作ったり、好き勝手に楽しくやらせてもらったことで卒業後もシステムに携わりたいと思うようになった。

大学に入る前は一年間予備校で浪人した。受験で全落ちしたからという至極ありふれた理由だけど、その原因は当時流行っていたMMORPGのリネージュに夢中で、勉強を疎かにしたから。でも、まだブログという言葉もなかった当時、ゲーム内の出来事を日記にしてウェブで公開することが盛んに行われていて、自分も真似してHTMLやCSSの参考書を片手にサイトを作った。それが後に繋がっているのだから人生不思議だ。

(随時更新中)

コメント